2010春調査(2010/1-3月期、終了アニメ、34作品)

他所でも指摘されてたけど、なんとも微妙な期だったと思う。

01,銀魂,F
02,ドーラ,x
03,こばと。,x
04,君に届け,x
05,戦う司書,S
06,テガミバチ,x
07,ちゅーぶら!!,z
08,クロスゲーム,x
09,怪盗レーニャ,z
10,れでぃ×ばと!,B
11,マリー&ガリー,x
12,おおかみかくし,z
13,おまもりひまり,z
14,ジュエルペット,x
15,はなまる幼稚園,F
16,花咲ける青少年,x
17,ソ・ラ・ノ・ヲ・ト,F
18,エレメントハンター,x
19,COBRA THE ANIMATION,z
20,犬夜叉-完結編- (2期),x
21,バカとテストと召喚獣,A
22,フレッシュプリキュア!,x
23,チェブラーシカ あれれ?,x
24,天体戦士サンレッド (2期),x
25,キャラディのジョークな毎日,x
26,ヴァイス・サヴァイヴR (2期),x
27,メタルファイト ベイブレード,x
28,ひだまりスケッチ×☆☆☆ (3期),F
29,ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド,z
30,とある科学の超電磁砲 (レールガン),F
31,のだめカンタービレ フィナーレ (3期),x
32,キディ・ガーランド (キディ・グレイド 2期),F
33,しゅごキャラ!!! どっきどき,x
34,しゅごキャラ!ぷっちぷち,x


{追加評価}
特になし

{総評、寸評など}
戦う司書,S
最初一見さん置いてけぼりみたいな展開だったけど、物語が進むに連れて味が深くなっていく作品で、特に第26話から最終話のカタルシスは圧巻でした。


れでぃ×ばと!,B
一見ただの『かのこん』の二番煎じかと思わせておいて、実はまったくの別物だった作品。古き良きギャルゲ的な構造を駆使しつつも、前半と後半の雰囲気を変えることで作品に気持ち良い風通しを与えている、そんな作品。ただ既存の構造から脱せて無かったのは少し残念。


バカとテストと召喚獣,A
まさしく深夜アニメ、というような作品。伏線回収も綺麗で、物語も作品の寸尺(規模という意味で)をキッチリ考えており、ニーズに適った作品だと思える。Fクラスだけでなく他クラスの面々も楽しく、何というか幸福感に溢れてた作品だったと思う。